iPodのダウンロードのしかた


ipodはアップル社から発売された、ポータブルミュージックプレーやで、世界的にも最もポピュラーなものです。

ipodが普及した理由は、使いやすさという点が大きいかと思いますが、それでもはじめてipodを使用する人には、若干判りにくい面があります。

まず、ipodで音楽を取り込む場合は、itunesというソフトが必要となります。
このitunesはアップル社で開発されたメディアプレーヤーで音楽や動画の取り込みなどの管理ができます。
ただitunesは、以前は付属のCD-ROMで取り込むことができましたが、現在は添付されていませんので、バージョンの新しいipodを購入する場合はitunesをダウンロードする必要があります。

itunesを起動したら、ipodを購入した際に付属していたUSBケーブルでパソコンとつなぎます。
その後、ダウンロードする前にipodの環境設定を画面表示にしたがって行います。

環境設定さえ終わってしまえば、手持ちのCDやレンタルしてきたCDなどを取り込み、ipodにダウンロードすることができます。

また、ituneの設定が、ライブラリとipodを自動更新するようになっている場合、CDを取り込み、ipodを起動する度に、自動でipodに音楽が転送されます。
ipodの容量が大きい場合はそれでも良いですが、動画などを取り込んだりし、容量にゆとりのなくなってしまった場合や、お気に入りの音楽だけをダウンロードしたい場合は、自動更新のチェックをはずしておく必要があります。

自動更新としない場合でも、ドロップ操作のみで、ライブラリからipodに音楽がダウウロードすることができますので、手軽です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。