iPodの価格と種類


現在発売されているipodは3種類あります。

ハードディスク内臓タイプのiPod(30GB・80GB、ホワイト / ブラック) 、フラッシュメモリを使い、ipod miniよりも更に小型化されたiPod nano(2GB・4GB・8GB、シルバー / ピンク / グリーン / ブルー / ブラック / レッド)、液晶画面をなくし、シャッフル再生に特化されたiPod shuffle(1GB、シルバー /ピンク / グリーン / ブルー / オレンジ)です。

また、ipodの30Gをベースに、オールブラックの機体となったiPod U2 Special Edition(30GB、ブラック) やiPod nano (PRODUCT) RED Special Edition など、限定バージョンと呼ばれるものも販売されていますが、基本的な性能や価格については、同じモデルのものと同様となっているようです。

最も容量の大きいipodの価格は、30Gで定価が29,800円、80Gで42,800円となっています。

ipod miniの後継機として販売され、Mac OS XやWindowsの両方で利用でき、iPod shuffleやiPodの特徴を兼ね備えたipod nanoは2Gで17,800円、4Gが23,800円、8Gが29,800円となっています。

また、iPod shuffleについては、機能は他のiPodシリーズに劣りますが、服やバックなどに簡単に取り付けられ、邪魔にならないサイズであるということや、価格9,800円であるということなど、手軽に音楽を携帯して楽しむことができるのがiPod shuffleの大きな魅力となっています。

容量や用途に応じて、自分にあった機種を選ぶことができ、価格の幅も広いというのが、ipodの人気のひとつの要因ともいえるかと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。