iPodにアートワークを追加する

ipodではituneを通じで、曲ごとにアートワーク(JPEGなどの画像)をはめ込むことができます。
この機能を使うと、itunesの画面表示が華やかになるばかりでなく、ビジュアライザ表示においては曲目表示の時に表示されたり、CDを作成したときのカバー印刷として利用できたりと、様々な形で活用することができます。

取り込み方も、最近のituneはiTMSにアカウント登録をすると、音楽ファイルをライブラリに追加するだけで、自動でアートワークを取得してくれるようです。

また、1つの曲に対して、複数のアートワークを取り込むことも可能です。
やり方も、JPEG画像をアートワークにドラッグ&ドロップしてもするだけです。
他にも、「情報を見る」ダイアログのアートワークで「追加..」ボタンを使用しても、アートワークを追加することができます。

万が一、アートワークが表示されない場合は、まず、デバイスツリー内のIPODを開きます。
次に、ミュージックタブを選択し、「iPodでアルバムアートワークを表示する」のチェックを一旦OFFの状態にして適用化します。
更に、一度iPodをPCから取り外し、再度接続してから、上記でチェックを外した「アートワークを表示する」チェックボックスをONにすることで、表示されるようになります。

手軽な方法で、アートワークを楽しむことができますが、ipodの容量には限りがありますので、あまり大きな画像ファイルを取り込み過ぎないよう、注意必要ですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。