iPodの充電

ipodを含むポータブルミュージックプレイヤーや携帯電話など、充電をしながら使うものは、いざ使おうと思ったときにバッテリ切れを起こしていたということもあります。

できれば長持ちさせたいのがバッテリ。
ipodシリーズの内臓バッテリは、ノートパソコンと同様のリチウムイオン方式が採用されています。
このリチウムイオン方式のバッテリは、「満充電」状態や「空」の状態が長く続くと、劣化し、充電ができなくなってしまうという特徴があります。
そのため、ノートパソコンと同様、ACアダプターの常時接続は避けてバッテリでの運用を心がけ、長時間使わないときは50%程度の充電状態としておくのが良いようです。

また、継ぎ足し充電も、何度も繰り返していると、充電の残量を管理する内臓マイコンが狂ってしまい、残量が充分あるはずなのに、直ぐに充電が切れてしまうということが起きるようになります。
この場合は、一度満充電状態にしたのち、バッテリが空になるまで、ipodを連続して再生するということを数度繰り返すと、復帰する場合がありますので、試してみる価値があります。

それでも、バッテリの調子がおかしい場合は、保障期間が過ぎていても6,800円で新しいバッテリに交換してもらえるようです。

アップルの純正ACアダプタは100V〜240Vに対応している、ワールド仕様となっています。
その為、世界中のほとんどの国で使用が可能となります。
ただ、コンセントの差込口の形状は、国によって異なりますので、ワールドトラベルアダプタキットなどを使用して、切り替えが必要となります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。