iPodで写真を楽しむ

第4世代以降のipodやipod nanoはカラー液晶画面を搭載していますので、デジカメ等で撮影した写真などをipodに転送して、写真を楽しむことができます。

画像はファイルが大きめではありますが、容量に1Gほどゆとりがあれば、1200枚程度の写真をipodにいれて持ち歩くことができます。
また、取り込んだ写真は、音楽をBGMにスライドショーとして再生して楽しむこともできます。
AVケーブルなどを接続すればテレビなどに映し出すこともできますので、そうなれば家族や友達と一緒に楽しむこともできますよね。

ipodで写真を楽しむのに必要なことは、同期するフォルダを指定するだけです。
方法は、1.ipodをパソコンに接続して、itunesで写真を選択する。
2.「写真の同期」にチェックをいれる。
 itunesの初期設定ではMyPicturesフォルダが同期を取るように設定されていますので、それ以外のフォルダから写真を取り込みたい場合は、フォルダの選択をしてください。
3.画面の中央に、指定したフォルダの下にあるファイルの一覧が表示されるので、ipodに転送したい写真を選択します。

これだけの操作で取り込むことができますので、後はipodのメニューから写真を選択するとipodで写真を楽しむことができます。

更に、PowerPointなどで作成したプレゼンテーションの資料をJPEGに変換出力すると、ipodでBGMつきのプレゼントすることができます。
ipod上級者という感じで、かっこいいですよね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。