iPodに音楽を取り込む方法

ipodを使用するには、必ずPCが必要となります。
ipodは音楽CDなどをPC上で圧縮してからデータを取り込む方法しか音楽をダウンロードすることができないためです。

更に、1台のPCで複数のipodを使い分けるというのは可能ですが、著作権の問題により、複数のPCから1台のipodにデータを取り込むことができません。
もし、それ以外のPCとデータをやり取りしてしまうと、ipodに入っているデータが全て消去されてしまいます。
そのため、ネットカフェなどを利用して音楽を取り込むというのも、難しくなっています。

ipodの中身をPCに移したいという場合もあるかと思いますが、itunesは不正コピー防止のため、ipodからPCへ音楽を戻すという機能がありません。
PCをリカバリするなど、どうしても戻したいという場合は、ネット上にそういったソフトがありますので、そちらを利用する必要がでてきます。

取り込みの形式については、mp3とAAC。どちらも一般に普及されているエンコードですので、簡単には優劣は決めることができません。
mp3形式は最も普及しているエンコードです。
CDなども作成できますし、ipod以外の製品にもmp3形式に対応しているものが数多くありますので、汎用性が高いのが特徴です。
一方、AACは同じビットレートであっても、mp3よりファイルサイズが小さく、音質が優れています。
しかし、ipod以外の製品には対応していないので、CDなどにも取り込みたいと思うときには不便となります。
両方の特徴を踏まえたうえで、自分のスタイルに合ったエンコードとしたほうが良いようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。