iPod shuffleの特長と仕様

iPod shuffleはアップル社製のデジタルオーディオプレーヤーipodシリーズのひとつとして販売されました。

2005年11月に販売が開始されたiPod shuffleの大きな特徴は、転送された音楽をシャッフルして聴くというコンセプトの元に作られていることです。
再生方法については、プレイリスト順の再生か、シャッフルでの再生かと選ぶことができます。
ただ、音楽情報の表示画面もないので、音楽を1曲1曲選んで聴くというような使い方にはあまり向いていません。

iPod shuffleは2006年11月に仕様が変わり、それまで販売されていたiPod shuffleのサイズを大きく下回る、41.2×27.3×10.5mm、重量は15gと、世界最小のデジタルミュージックプレーヤーとなりました。
デザインも、他のモデルと同様に円形コントローラーが採用されたということも、このモデルチェンジの大きな特徴です。

機能は他のiPodシリーズに劣りますが、服やバックなどに簡単に取り付けられ、邪魔にならないサイズであるということや、価格が1万円以下であるということなど、手軽に音楽を携帯して楽しむことができるのがiPod shuffleの大きな魅力となっています。

仕様は、記憶媒体 フラッシュメモリ(1G・AACフォーマットなら最大240曲)、対応フォーマット AC (16〜320Kbps)、保護されたAAC (iTunes Storeから、M4A、M4B、M4P)、MP3 (32〜320Kbps)、MP3 VBR、Audible(フォーマット2、3、4)、AIFF、WAV
バッテリー持続時間 連続再生最大12時間、スタンバイのみの場合は約1ヶ月
色 シルバー、ブルー、ピンク、グリーン、オレンジ
となっています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。