iPodを使ってみて気がついたこと

ipodは使い勝手の良いポータブルミュージックプレーヤーですが、使用しているなかで、若干気になった点があります。

まず、一つ目が液晶画面についてです。
やはりポータブルミュージックプレーヤーですから、持ち運びしますよね。
液晶画面もそのことを考えて、ある程度の強度のものが使われているようですが、常にカバンや服のポケットに入れて持ち歩いていると、擦り傷のようなものが液晶画面にいつの間にかついてしまいます。
傷がついてしまってからだと、研磨剤などで磨くという方法しかなくなってしまい、ある程度の器用さがないと、傷を取り除くのは難しくなってしまいます。
やはり、最初から注意して保護フィルムやケースを使用したほうが無難なようです。

充電についても、長期間使用していると、満充電にしているはずなのに、早く充電が切れてしまうということが起こるようになりました。
色々と調べたところ、リチウムイオン方式のバッテリーを使用しているため、「満充電」状態や「空」の状態が長く続くと、劣化し、充電ができなくなってしまうという事や、継ぎ足し充電も、何度も繰り返していると、充電の残量を管理する内臓マイコンが狂ってしまい、残量が充分あるはずなのに、直ぐに充電が切れてしまうということが起きる可能性があるので注意が必要だということがわかりました。
結局、一度満充電状態にしたのち、バッテリーが空になるまで、ipodを連続して再生するということを数度繰り返すと良いとあったので、試したところ、ある程度は復帰しました。

この2点が気になった以外は、わりと快適に使用できています。
ちょっとした注意だけですみますので、新たに購入する場合などは気をつけたいものです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。