AppleのiPod

ipodはApple社によって開発・製造・販売されている、携帯型のデジタルミュージックプレーヤーです。

発売された当初は、Macintosh専用のデジタルミュージックプレーヤーでしたが、現在ではWindowsにも対応するようになり、デジタルミュージックプレーヤーとして、かなりのシュアを締めるようになりました。

ipodのデザインは二つの四角と二つの丸で表すことができるということが共通しています。

液晶のないshuffleを除いて、大きな液晶画面とホイールでipodのデザインは構成されています。

このホイールを用いることで、選曲や音量調節、早送りや巻き戻し、画像や動画の閲覧などの操作を行うことができます。

ipodは1G〜5Gという5つの世代が存在します。コレは同じApple社から出ているマッキントッシュなどと共通し、Gはジェネレーションをあらわしているそうで、データの容量とは関係がありません。

2006年9月に販売された新5世代はそれまでと比較し、内容的には小規模な更新となりました。
現在販売されているモデルは、ハードディスク内臓タイプのiPod(30GB・80GB、ホワイト / ブラック) 、ipodの30Gをベースに、オールブラックの機体となったiPod U2 Special Edition(30GB、ブラック) 、フラッシュメモリを使い、ipod miniよりも更に小型化されたiPod nano(2GB・4GB・8GB、シルバー / ピンク / グリーン / ブルー / ブラック / レッド)、
液晶画面をなくし、シャッフル再生に特化されたiPod shuffle(1GB、シルバー /ピンク / グリーン / ブルー / オレンジ)、が発売されています。

iPod shuffleとは


iPod shuffleはアップル社製のデジタルオーディオプレーヤーipodシリーズのひとつとして販売されました。

2005年11月に販売が開始されたiPod shuffleは転送された音楽をシャッフルして聴くというコンセプトの元に作られています。
再生方法については、プレイリスト順の再生か、シャッフルでの再生かと選ぶことができますが、音楽情報の表示画面もないので、音楽を1曲1曲選んで聴くというような使い方には向きません。

iPod shuffleは2006年11月に仕様が変わり、それまで販売されていたiPod shuffleのサイズを大きく下回る、41.2×27.3×10.5mm、重量は15gと、世界最小のデジタルミュージックプレーヤーとなりました。

機能は他のiPodシリーズに劣りますが、服やバックなどに簡単に取り付けられ、邪魔にならないサイズであるということや、価格が1万円以下であるということなど、手軽に音楽を携帯して楽しむことができるのがiPod shuffleの大きな魅力となっています。

仕様は、記憶媒体 フラッシュメモリ(1G)、対応フォーマット AC (16〜320Kbps)、保護されたAAC (iTunes Storeから、M4A、M4B、M4P)、MP3 (32〜320Kbps)、MP3 VBR、Audible(フォーマット2、3、4)、AIFF、WAV
バッテリー持続時間 連続再生最大12時間、スタンバイのみの場合は約1ヶ月
色 シルバー、ブルー、ピンク、グリーン、オレンジ
となっています。

iPod nanoとは


ipod nanoはアップル社製のフラッシュメモリを内蔵したデジタルオーディオプレーヤーです。

ipod miniの後継機として販売されたipod nanoは、Mac OS XやWindowsの両方で利用でき、iPod shuffleやiPodの特徴を兼ね備えた上、iPod miniよりも小型であるといった特徴もあります。

現在発売されているipod nanoのサイズは90mm(縦)× 40mm(横)× 6.5mm(厚)重量40gとなっており、以前に販売されたものより、若干小さくなっているため、それまで販売されている一部のケースや周辺機器、液晶保護シールなどのサイズか合わなくなっているため、注意が必要となります。

また、アップル社で配布されている音楽の再生・管理ソフトであるiTunesが入っているCD-ROMが以前は同封されていたのですが、マイナーチェンジにより付属品から除外されてしまったため、ipod nanoを実際に使用するためには、このiTunesをダウンロードすることが可能な環境を購入者が用意しなくてはならなくなってしまいました。

現在販売されているipod nanoの容量は、2G(定価17,800円)、4G(23,800円)、8G(29,800円)となっています。
カラーラインナップはその容量によって異なり、2Gモデルはシルバーのみ。
4Gモデルはシルバー、グリーン、ブルー、ピンク。
8Gモデルはブラックとなっています。

また、2006年10月にはiPod nano (PRODUCT) RED Special Edition として、赤い限定カラーモデルも販売されています。
ただ、限定モデルと銘打ってはいますが、生産台数等が限られているわけではありませんので、他のモデル同様、現在でも購入することができます。
仕様等も通常のipod nanoと変わりありませんが、こちらの容量は4Gと8Gの2種のみとなっています。

iPodの使い方


ipodはアップル社で製造・販売されているデジタルオーディオプレーヤーです。

ipodはデジタルオーディオプレーヤーですので、基本的には音楽を聞く際に使用しますが、それ以外にも色々な使い方をすることができます。

まず、ipodを使用しようと思ったとき、必ず必要となるのがパソコンです。
以前はアップル社のマッキントッシュ系でしか使用することができませんでしたが、現在ではウィンドウズでも使用できますので、ほとんどのパソコンで使用することができます。

また、ipodは動画を楽しむこともできますが、動画ファイルのフォーマットは決まっているので、どのファイルでも取り込むことができるかというと、そうではありません。
ただ、ネット上には様々な動画をipodように変換できるソフトも出回っているので、そういったものを利用すると、簡単に動画を楽しむことができます。

更に、ipodでは、音楽を聴くという以外にもいろいろな使い方があります。

まず、「ipodエクストラ」というメニュー画面からもいろいろな機能を呼び出すことができます。
時計機能、アドレス帳、カレンダー、メモ帳、ストップウォッチ、ゲームなど、充実した機能がありますので、ちょっとした手帳代わりになってしまいます。
また、内容を他人に見られたくない場合などにおいては、ロックをかけることもできます。

その他にも、ipodのモードを「ディスクとして使用する」としておくと、ポータブルハードディスクとして、ワープロ文書や表計算のデータなど、仕事などに必要なデータをipodに入れて持ち歩くこともできます。

実に多機能なipodですから、その機能はフルに活用したいものです。

iPodのダウンロードのしかた


ipodはアップル社から発売された、ポータブルミュージックプレーやで、世界的にも最もポピュラーなものです。

ipodが普及した理由は、使いやすさという点が大きいかと思いますが、それでもはじめてipodを使用する人には、若干判りにくい面があります。

まず、ipodで音楽を取り込む場合は、itunesというソフトが必要となります。
このitunesはアップル社で開発されたメディアプレーヤーで音楽や動画の取り込みなどの管理ができます。
ただitunesは、以前は付属のCD-ROMで取り込むことができましたが、現在は添付されていませんので、バージョンの新しいipodを購入する場合はitunesをダウンロードする必要があります。

itunesを起動したら、ipodを購入した際に付属していたUSBケーブルでパソコンとつなぎます。
その後、ダウンロードする前にipodの環境設定を画面表示にしたがって行います。

環境設定さえ終わってしまえば、手持ちのCDやレンタルしてきたCDなどを取り込み、ipodにダウンロードすることができます。

また、ituneの設定が、ライブラリとipodを自動更新するようになっている場合、CDを取り込み、ipodを起動する度に、自動でipodに音楽が転送されます。
ipodの容量が大きい場合はそれでも良いですが、動画などを取り込んだりし、容量にゆとりのなくなってしまった場合や、お気に入りの音楽だけをダウンロードしたい場合は、自動更新のチェックをはずしておく必要があります。

自動更新としない場合でも、ドロップ操作のみで、ライブラリからipodに音楽がダウウロードすることができますので、手軽です。

iPodに必要となるPC


ipodを使用するには、必ずPCが必要となります。
ipodは音楽CDなどをPC上で圧縮してからデータを取り込む方法しか音楽をダウンロードすることができないためです。

更に、1台のPCで複数のipodを使い分けるというのは可能ですが、著作権の問題により、複数のPCから1台のipodにデータを取り込むことができません。
もし、それ以外のPCとデータをやり取りしてしまうと、ipodに入っているデータが全て消去されてしまいます。
そのため、ネットカフェなどを利用して音楽を取り込むというのも、難しくなっています。

必要とされるパソコンの環境ですが、windowsでしたらWindows XP SP2またはWindows 2000 SP4、MacでしたらMac OSX(v10.1.5以降)のOSが動作するものが必要となります。
残念ながら、それ以前のOSについては、ipodは対応しません。
PCとipodを接続するには、USB2.0かFireWire(IEEE1394 または iLink )コネクタが必要となります。


ipodの中身をPCに移したいという場合もあるかと思いますが、itunesは不正コピー防止のため、ipodからPCへ音楽を戻すという機能がありません。
PCをリカバリするなど、どうしても戻したいという場合は、ネット上にそういったソフトがありますので、そちらを利用する必要がでてきます。

iPodのトラブル


ipodを使用していると、稀にどのボタンを押しても反応を示さなくなる「ストール」という現象が起きてしまう場合があります。
また、電源がオンにならなくなったり、動作が不安定になったりする場合もあります。
こういった場合は、修理に出すより先に、まずはリセットをかけてみることをお勧めします。

リセットの方法は下記のとおりです。
1.[HOLD]を解除する。
2.[MENU]ボタンとクリックホイール中央の[決定]ボタンを同時に6秒以上押しつづける。
3.アップルロゴが表示されればリセット成功です。

リセットをしてしまうと、ipodに保存されている音楽データなどが全て消えてしまうのではないかと、不安に思う方もいらっしゃると思いますが、基本的には音楽データなどは保存されたままです。
ただ、一部の設定に関しては、初期化されてしまう場合がありますので、注意してください。

リセットをしてもipodの調子がおかしいときは、復元とういう方法があります。
復元をしてしまうと、曲のデータなども全て消えてしまいますが、itunesを用いれば、再度転送させることもできますので、それほど面倒ではありません。

復元をしてもおかしい場合は、修理を依頼したほうが無難です。
ipodは購入した家電量販店などでは修理を受け付けてくれません。
アップルストアに持ち込むか、アップルのホームページから修理を申し込む必要があります。
購入して1年いないなら、ほとんどの場合無償で修理、交換してもらえるようです。

また、音楽の転送中に止まってしまう、転送が遅いという場合は、ウイルスチェックソフトが邪魔をしているという場合が多いようですので、一旦、ウィルスチェックソフトを停止させてください。

iPodの活用法


ipodはデジタルオーディオプレーヤーですので、基本的には音楽を聞く際に使用しますが、それ以外にも色々な使い方をすることができます。

まずは、写真などの画像や動画です。
ipodは画像も動画も取り込めるフォーマットは決まっているので、どのファイルでも取り込むことができるかというと、そうではありません。
ただ、ネット上には様々な動画をipodように変換できるソフトも出回っているので、そういったものを利用すると、簡単に動画を楽しむことができますし、アルバムとしても活用できます。

「ipodエクストラ」というメニュー画面からもいろいろな機能を呼び出すことができます。
時計機能、アドレス帳、カレンダー、メモ帳、ストップウォッチ、ゲームなど、充実した機能がありますので、ちょっとした手帳代わりに活用できます。
ゲームには素リティアやブロック崩しといった定番のゲームもありますが、お勧めなのがイントロクイズです。
Music Quizというゲームですが、以外にイントロだけで音楽を判断するのは難しいもの。
結構はまるゲームです。

その他にも、ポータブルハードディスクとして、ワープロ文書や表計算のデータなども持ち歩けますので、活用法が広いのがipodの特長ともいえます。

iPod nanoの特徴


ipod nanoはアップル社製のフラッシュメモリを内蔵したデジタルオーディオプレーヤーです。

ipod miniの後継機として販売されたipod nanoは、Mac OS XやWindowsの両方で利用でき、iPod shuffleやiPodの特徴を兼ね備えた上、iPod miniよりも小型であるといった特徴もあります。

現在発売されているipod nanoのサイズは90mm(縦)× 40mm(横)× 6.5mm(厚)重量40gとなっており、以前に販売されたものより、若干小さくなっているため、それまで販売されている一部のケースや周辺機器、液晶保護シールなどのサイズか合わなくなっているため、注意が必要となります。

現在販売されているipod nanoの容量は、2G(定価17,800円)、4G(23,800円)、8G(29,800円)となっています。
カラーラインナップはその容量によって異なり、2Gモデルはシルバーのみ。
4Gモデルはシルバー、グリーン、ブルー、ピンク。
8Gモデルはブラックとなっています。
バッテリーの駆動時間は最大で24時間ですから、充電の心配もそれ程必要ないのも大きな特徴です。

また、2006年10月にはiPod nano (PRODUCT) RED Special Edition として、赤い限定カラーモデルも販売されています。
ただ、限定モデルと銘打ってはいますが、生産台数等が限られているわけではありませんので、他のモデル同様、現在でも購入することができます。
仕様等の特徴も通常のipod nanoと変わりありませんが、こちらの容量は4Gと8Gの2種のみとなっています。

iPod shuffleの特長と仕様

iPod shuffleはアップル社製のデジタルオーディオプレーヤーipodシリーズのひとつとして販売されました。

2005年11月に販売が開始されたiPod shuffleの大きな特徴は、転送された音楽をシャッフルして聴くというコンセプトの元に作られていることです。
再生方法については、プレイリスト順の再生か、シャッフルでの再生かと選ぶことができます。
ただ、音楽情報の表示画面もないので、音楽を1曲1曲選んで聴くというような使い方にはあまり向いていません。

iPod shuffleは2006年11月に仕様が変わり、それまで販売されていたiPod shuffleのサイズを大きく下回る、41.2×27.3×10.5mm、重量は15gと、世界最小のデジタルミュージックプレーヤーとなりました。
デザインも、他のモデルと同様に円形コントローラーが採用されたということも、このモデルチェンジの大きな特徴です。

機能は他のiPodシリーズに劣りますが、服やバックなどに簡単に取り付けられ、邪魔にならないサイズであるということや、価格が1万円以下であるということなど、手軽に音楽を携帯して楽しむことができるのがiPod shuffleの大きな魅力となっています。

仕様は、記憶媒体 フラッシュメモリ(1G・AACフォーマットなら最大240曲)、対応フォーマット AC (16〜320Kbps)、保護されたAAC (iTunes Storeから、M4A、M4B、M4P)、MP3 (32〜320Kbps)、MP3 VBR、Audible(フォーマット2、3、4)、AIFF、WAV
バッテリー持続時間 連続再生最大12時間、スタンバイのみの場合は約1ヶ月
色 シルバー、ブルー、ピンク、グリーン、オレンジ
となっています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。